12月2017

なわとび発表会

木霊(こだま)の日記

 この冬の体力作りシーズンⅠは、なわとび。毎朝、練習に取り組んできた短なわの技をまず発表しました。試技時間は1分間。2拍子とびから始まり、あやとびや二重とびなど計16種目に挑戦し、目標回数を超えるたびに、「やったあ」という声があちこちから聞かれました。次に、学級で取り組んでいる「えひめ子どもITスタジアム」の種目、八の字ジャンプです。低学年は3分間、中学年は4分間、高学年は5分間。どの学級も集中力を高めて長縄に挑みました。本日の記録は次の通り。1年71回、2年161回、3年150回(自己新)、4年300回、5年412回、6年617回。「なわとびは、冬休みも練習をがんばります。八の字ジャンプは新記録が出なくてくやしかったので、3学期も記録に挑戦したい」など意欲的な感想が次々と。なわとびに親しみ、風邪に負けない元気な体をつくろう。

       

4Hクラブからのプレゼント

木霊(こだま)の日記

 今朝、4Hクラブの松尾会長さんが、3年生に届けてくださったものは・・・。みかん学習でつくった五角形の木枠の中で、りっぱに育ったイヨカン「五角イヨカン」です。受験シーズンには、神様に祈祷をしてもらい、縁起物の「合格イヨカン」として高値で販売されるみかんです。一人ひとりが大切そうに受け取り、教室で木枠を外してとても大事そうにしまいました。オレンジ色が濃くなるのが楽しみですね。4Hクラブのお兄さんたち、どうもありがとうございました。