12月2017

小春日和

木霊(こだま)の日記

 8時前のなわとびの様子です。気温4度の中、数人で輪になって二重跳びやあや跳びを練習していました。21日には、校内なわとび発表会があるので、技のレパートリーを増やし、回数もより多く跳べるように、みんながんばっています。

 

 木曜日の昼休みは、全校遊びの日です。今日の遊びは「レンジでチン!」。児童会のリーダーの説明が終わると、赤帽の鬼さんたちが、一斉に白帽さんを追いかけだしました。あちらでも、こちらでも捕まって固まる白帽さんを味方が二人組になって「レンジでチン!」と助けます。去年の今ごろ、遊びへの参加が少ないなどの問題が起こり、全校で話し合って解決したことを思い出します。でも、その解決のお陰で、今年の全校遊びは順調です。市内では、風邪やインフルエンザの患者が増えています。2学期もあとわずか。こうして体力を養い、免疫力を高めて、全員出席日数を伸ばそう!

   

保内ブロックからの広報誌の紹介

学校からのお知らせ

 保内ブロックからの広報誌保っと内だより第1号保内ブロック子ども育成会だより「ほ・な・い」第1号が保内中学校区の全戸に向けて配布されました。左サイドメニュー「保内ブロックから」を開いていただくと、その紙面をご覧いただけます。

サンタさんの福笑い

木霊(こだま)の日記

 3年生の教室から楽しそうな笑い声が聞こえてきました。今はALTの先生と外国語の勉強中。「ライト!」「レフト、レフト!」「アップ、アップ、アップ!」「あーっ、ダウン!」前を見ると、サンタさんの福笑いをやっている最中でした。眉毛、目、鼻、口、最後にあごひげを貼って、ほら、完成です。

   

先輩、クリスマスオレンジをどうぞ!

木霊(こだま)の日記

 3年生が、4Hクラブの皆さんに習って育てた温州みかん(早生)が2本の木で合わせて48個、収穫できました。このみかんは、今の保内中2年生が小3のとき(当時は4名)、苗木を植えたものです。5年目の今年、ついに立派な実を付けました。このみかんをあの先輩たちにも届けたい!と3年生みんなでお手紙を書き、ちょっと早めのクリスマスオレンジにしました。夕方、通学バスから降りてきたAさんに手渡すと、「あっ、あのみかんですか!ありがとうございます!」と、とってもうれしそうに受け取ってくれました。

森とも通信13号

森はともだち

 4年生が行った「森の音楽会in日土っ子ミュージアム」の様子を載せました。⇒森とも通信13(PDFでご覧になれます)

日土っ子ミュージアムで森の音楽会

木霊(こだま)の日記

 2学期、4年生が取り組んできた「森の博物館&森の音楽会」の発表日。ここは、ぐるりと360度がスギやヒノキに取り囲まれた日土東地区瀬田口です。喜木川支流の瀬田川の清らかなせせらぎをBGMに、音楽会が始まりました。たった8人なのに、ここでは十分な歌声になり、対岸の観客のもとに届きます。「もみじ」「とんび」は2部合唱です。ちょっと緊張気味のスタートでしたが、「ソーラン節」が始まり、打楽器「カホン」に座って叩きだすと、いつもの元気なゴールデンエイトに戻りました。リコーダー「もののけ姫」は、ちゃんと音もそろって、最後にアンコールが起こるほどの出来でした。「ジングルベル」の軽快な鈴の音、「ようかい体操第1」のノリノリ演奏も会場を盛り上げました。お客さんを楽しませたい!という子どもたちのめあては、ばっちり届き、保護者たち約20名からは「想像をはるかに超えて、すごく良かった!」などの声が聞かれ、惜しみない拍手が贈られました。この音楽会の様子は、本日の愛媛新聞9面にさっそく詳しく載っています。八幡浜新聞にも掲載予定です。ご一読を!なお、森の博物館「日土っ子ミュージアム」は引き続いて、山林に展示していますので、ぜひ休みの日に見に行ってください。

         

こんな音楽会、どこにもない!

木霊(こだま)の日記

 4年生は、7日(木)午後に予定している「森の音楽会」に向けて演奏練習と「日土っ子ミュージアム」の看板作りをしました。看板は一人一人がペンキのついたハケをもち、 プロの看板屋さんみたいに、遠くからでも目立つように大きく書きました。写真の場所は、尾之花から瀬田に向かって県道保内・大洲線を約1.5km進んだ場所にある矢野先生方が所有する森林です。明後日は、川向こうの森のステージに、手作りの森の生き物たちを展示し、そして音楽会を開きます。曲は、「もみじ」「とんび」「ソーラン節」「もののけ姫」「ジングルベル」「ようかい体操第一」の6曲。4年生のはりきった歌声と紙田先生に習ったリコーダー演奏、秋本先生に習ったカホン演奏をお楽しみに。寒いので13:50開始で約15分間の発表予定です。興味のある方は、どなたでも来てください。なお、寒さ対策を万全にし、お車は道幅の広い場所を見つけて駐車してください。

  

はみがき教室

木霊(こだま)の日記

 11月27日(月)に、保健センターより歯科衛生士さんと保健師さん看護師さんの3名に来ていただき、1年生と3年生で、歯みがき教室を実施しました。歯の磨き方などをとてもていねいに教えていただきました。⇒ 歯みがき教室(クリックすると「保健だより」をご覧になれます)

   

みんなのボールの使い方

木霊(こだま)の日記

 人が使っているボールを横取りしたり、低学年用のボールを高学年が勝手に使ったり、ボールの片付けを人に押しつけたりと、困ったことが後を絶たないので、1日(金)、6年生の提案で全校話合い集会を開きました。まず、問題となる場面を6年生たちが劇を演じて問題提起。そして、仲よし班で「どんなボールの使い方がいいのだろう」と話し合いました。全体での意見交換では、「ルールを守らないならば、使用禁止にしたらいい」「でも、それでは悪くない子も巻き添えになるので反対だ」「使えるボールの数を減らしたらどうか」など、活発な意見が交わされました。楽しいはずの遊びが、ボールの扱いでトラブルを生む現状を解決したいという気持ちが、それぞれの子に宿ったように思われました。このあとは、集会をもとに代表委員会でさらに考えを深め、解決策を全校に提示していくとのこと。さあ、日土の子どもたち、自分事として考え、現状を好転できるよう、みんなで解決していこう!

     

落葉の朝

木霊(こだま)の日記

  日土の山々は紅葉真っ盛りとなり、校庭の大イチョウ、中イチョウは一足先に色づいた葉を一斉に落としました。登校してきた子どもたちが、次々と熊手や竹ぼうきを手に集まってきて、朝のボランティアが始まりました。大量の落ち葉に子どもたちも忙しそうです。たちまち、袋がいっぱいになっていきました。やがて、音楽が鳴り始めると、低学年の子たちは、友だちと一緒になわとび練習を開始。あやとびや二重とびができるようになった子たちが、張り切って技を見せてくれました。そして、始業5分前。落ち葉集めを続けていた高学年のみんなも片付けが終わったようです。早くも12月。気持ちのよい朝の始まりでした。

           

VL »