3月2018

あいうえお話し会

木霊(こだま)の日記

 今年最後の読み聞かせでした。1・2年生には『のねずみとまちのねずみ』、3・4年生には『いぬかって』『きょうはなんの日?』、5・6年生には『忘れられないおくりもの』のお話を読んでいただきました。それぞれの物語のもつ雰囲気を大切にして、ゆっくりと優しく読んだり、謎をかけるようにページをめくったり、哀しみのなかにぬくもりを届けたりと、工夫して読んでくださるので、子どもたちは、たちまち本の世界に引き込まれ、潤いのあるときを過ごすことができるのです。最後に、一年間の読み聞かせに感謝の気持ちを込めて、一人一人が書いたお礼の手紙をプレゼントしました。「お手紙をありがとう。お話し会のメンバーで大切に読ませてもらいます」と受け取っていただきました。

   

クロッキー集会

木霊(こだま)の日記

 子どもたちは、お世話になった6年生がモデルとあって、いったん描き始めると真剣な表情で割りばしペンを走らせました。うまいかどうかは関係なしに、気持ちの入ったクロッキーが出来上がりましたよ。

         

校内持久走大会

木霊(こだま)の日記

 好天に恵まれ、6日(火)校内持久走大会をJA日土~旧青石中のコースで実施しました。校長先生によるピストルの号砲と同時に、子どもたちは張り切った表情で出発していきました。コース途中も切れ目のない沿道からの声援を受けて、参加児童全員が好タイムで走りきりました。どの子にも、温かい応援の声をかけていただいた保護者、地域の皆様ありがとうございました。また、交通整理に当たっていただいた交通安全協会とPTAのお父さん方、そして伴走してくださった祥子さん、芳史さん、安洋さん、おかげで今年もいい持久走大会になりました。駐車場を使用させてくださったJA日土出張所様、たいへんお世話になりました。