3月2018

ありがとう、6年生!

木霊(こだま)の日記

 最高の卒業式でした。6年生がこの一年間、がんばってきたことがしっかりと報われ、在校生たちからの尊敬の眼差しを受け、みんなに祝福されて卒業することができました。努力は結果に表れないこともありますが、決して人生において無駄ではなく、必ず前進のための原動力になるということを卒業生が身をもって示してくれました。これを在校生が肌で感じ、そして4月から受け継いでいくのです。君たちの努力が後輩たちに伝わり、それが日土小の伝統に加わっていくのです。素晴らしい29年度でした。本当にありがとう。そして、胸を張って保内中学校へ進学してください。式の途中の撮影はほどんどできませんでした。いい写真を提供できませんが、参列者の目に焼き付けた卒業の晴れ姿は、鮮明に心に刻まれたことと思います。保護者の皆様、来賓の方々、温かなまなざしをありがとうございました。