校舎見学

春の校舎見学会のお知らせ

学校からのお知らせ 校舎見学

 春の校舎見学会は、3月25日(日)9:00~16:00です。見学に来られた方は、「写真やインターネットでは、この良さはわからない。本当に来てよかった!」とおっしゃられます。ぜひ一度、素敵な校舎内をゆっくりとご見学ください。また、この日は、金山出石寺方面へ4kmほど上った日土東地区で、「筵田おひなさま街道」の公開初日となっていますので、行楽を兼ねてお訪ねいただくとよいかと思います。

テレビ撮影、進行中

木霊(こだま)の日記 校舎見学

   

 3月1日から4日にかけて、テレビ東京の美術番組「美の巨人たち」の撮影が本校で進行中です。松村正恒氏とその建築を取り上げて、そこに秘められた作者の想いや建築物の魅力を掘り下げるねらいの番組です。早朝から登校の様子や学校生活の風景などを収録したり、ドローンによる空撮を行ったりと、様々な角度から学校の姿を収録されています。今朝は、役者さんが全身黒タイツ姿になり、セリフを交えて、納得いくまで繰り返しシーン撮影を行っています。放送予定は5月。BSジャパン放送で水曜10時から30分間です。お楽しみに。

24日は冬の校舎見学会

校舎見学

 冬至を迎え、今朝も気温2℃の寒さの中、子どもたちはインフルエンザにもかからず、元気に登校をして来ました。全員登校日も75日を超え、目標の100日が射程内に入ってきました。さて、明後日は、八幡浜市主催の校舎見学会が午前9時から午後4時まで行われます。学校のほうは、まだ終業式を迎えていないので、教室の整頓もまだ完了していませんが、お客様を迎えられるようにと、今日は全校児童で大掃除をしました。また、雨が降り込む2階の開放廊下の傷みが目立ちだしたので、校長先生も腕まくりをして外国製のワックスを練り込みました。お天気だと、川面に反射する光が教室の天井をゆらゆらと照らし、宮沢賢治の『やまなし』の幻灯の世界みたいになるのですが……。ただ、曇天でも、全面ガラス窓ともいえる松村建築、光を取り込む工夫に注目していただけたらと思います。皆様のご来校をお待ちしております。

12月校舎見学会のお知らせ

校舎見学

 八幡浜市が開催する校舎見学会。次回の校舎一般公開日は、12月24日(日)午前9時~午後4時です。毎回、県内外の建築家や大学関係者、学生が多く来られて、松村正恒氏による子ども目線のモダニズム校舎をじっくりと歩かれます。また、家族連れの旅行者や地元に帰省された方もたくさん来校されます。このホームページで発信しておりますように、通常は教育活動を行っていますので、この見学会以外の日には、遠いところから来られても、校舎内の見学はお断りし、外観のみの見学とさせていただいていますので、年間3回(3月・8月・12月)の校舎見学会に、ぜひご来校ください。

子どもガイドがんばりました

校舎見学

 日土小学校、聖陵学園高校、木村保一顕彰会の発表の後は、いよいよ5,6年生の有志による「子どもガイド」です。紺色の法被を着た子どもたちは、校内11か所に分かれ、総合的な学習の時間に学んだことをお客さんたちに解説。身振りをつけたり絵で説明したりして、はきはきした声でがんばりました。今日は、校舎内を涼しい風が吹き抜けて気持ちがよく、子どもたちのがんばりのお陰で、見学に来られた皆さんも、いいお顔をされてゆったりとした時間を過ごされていました。

          

校舎見学会始まりました!

校舎見学

 今朝は涼しい朝となりました。9時からさっそく見学者が訪れています。まもなく10時から体育館で発表会が行われます。今回は、松山聖陵学園の高校生による発表もあります。この高校にも松村建築があるとのこと。発表が楽しみです。臨時の売店では、飲み物、かき氷、日野出豚の焼肉などのコーナーもありますので、ご利用下さい。

       

明日は夏の校舎見学会です!

校舎見学

 明日12日は、夏の校舎見学会(午前9時~午後4時)です。今年も「八幡浜港拓(みなとびらき)2017」が午前10時~12時の間、開催されます。内容は、木造校舎の保存・活用に関する学習発表会や子どもガイド、バザーなど。5、6年生の有志が、校舎のいくつかの見どころポイントに立ち、見学者の皆さんに松村建築のステキなところをご紹介しますので、楽しんで聞いていただければと思います。なお、道の駅「八幡浜みなっと」からシャトルバスによる送迎も行われますのでご利用ください。

⇒ 港拓 ※左をクリックすれば、八幡浜港拓2017実行委員会作成のチラシをご覧いただけます。

校舎見学を希望される皆様へ

校舎見学

 今年度に入り、授業日に校舎見学に来られる方(特に建築関係者)が増え、学校としてはたいへん困っています。八幡浜市が建設する公立保育所や大島宿泊所の設計を5月末締め切りで全国公募している関係上、見学依頼があれば協力はいたしますが、児童が在校する時間帯は、校舎内見学をお断りさせていただいています。児童の安全・安心はすべての教育施設の役割です。ご理解・ご協力をお願いします。

春の校舎見学会

校舎見学

 雨は上がったものの、肌寒い一日となりました。しかし、この日を待っていたという遠来の見学者が次々と訪れてこられました。建築関係の方や学生さん、まだ来たことがなかったという市内の方など、様々な来訪者と親しく会話をしながら、この校舎で学ぶ子どもたちの様子や授業する教師側の声をお伝えしました。また、日土小保存活動に関わられた菊池勝徳さんや岡崎直司さん、二宮一平さんなどの詳しいガイドを受けながらじっくりと見学をされた皆さんは、「子どもが主人公の校舎」を目指した松村正恒氏の創造性と優しさ、遊び心を生で味わうことができたことでしょう。「松村さんは、すごい!」「やっぱり来てよかった!」という感想をたくさんお聞かせいただきました。次回は8月12日。お盆前ですので、帰省された近隣の方はぜひ一度足をお運びください。

   

春の校舎見学会のお知らせ

校舎見学

 八幡浜市では、年間3回、日土小学校校舎の一般公開を行っています。今回は3月26日(日)9時~16時です。入場無料。駐車場は運動場(雨天時は係員の指示に従ってください)。当日は、運が良ければ学芸員さんやボランティアガイドさんによる案内も受けれます。なお、29年度は、校舎見学会日は、8月12日(土)、12月24日(日)、3月25日(日)に予定されています。

 校舎見学の際には、足を延ばして気分をリフレッシュしていただきたいと思います。そこでお勧めなのが、3月26日(日)に公開される「筵田おひな様街道」です。日土小から大洲市に向かう県道を奥に約4km進むと旧日土東小学校があります。そこから案内に沿って約800mで会場につきます。小さな集落の道沿いに、家々が創意工夫した雛飾りが目を楽しませてくれます。また、旧日土東小学校でも懐かしい昭和の木造校舎を「おひな様学校」に模様替えし、日土小児童も参加して飾り付けたたくさんのお雛様が皆様をお迎えします。この日は両会場とも、昼過ぎまで食事コーナーを用意していますので、是非お立ち寄りください。

   

 さらに、時間に余裕がある方は、日土小から長浜町に向かって約10km県道を上った標高812m出石山山頂に位置する金山出石寺(きんざんしゅっせきじ)がお勧めです。空海ゆかりの真言宗御室派別格本山の寺院。地元では「おいづしさん」と親しみをこめて呼び、眼下の八幡浜市や大洲市はもちろんのこと、遠く瀬戸内海の島々や四国カルスト、石鎚山、東九州などが展望できます。寺院内の茶屋では、名物「出石うどん」がお勧め。現在、開山1300年祭に向けて準備が進んでいます。 

« ÂL