校舎見学

美の壺

校舎見学

 10日夜のNHKBSプレミアム放送「美の壺」をご覧になれなかった方へ。国内の重要文化財として認められている様々な木造校舎を「学びや~光あふれる木造校舎~」というテーマで取り上げた番組でした。日土小校舎は、電灯による照明が十分でなかった時代に、子どもが勉強する環境を考慮して自然光をたっぷりと採光する工夫が各所で見られます。特に東校舎においてはクラスター構造(ぶどうの房)と呼ばれる教室と廊下を切り離したつくりが、南側からの光だけでなく、北側からの光も教室内に効率よく取り入れていることを、映像でわかりやすく紹介されました。撮影には二日間をかけ、子どもたちの授業風景も撮ってもらっていましたが、放送時間の都合でしょうか、カットされてしまったようです。でも、NHKらしく日土の豊かな自然との調和のなか、子どもたちに伸び伸びと学んでほしいという松村正恒さんの信念が実った木造校舎であることをしっかりと伝えてくださいました。なお、3月14日と16日に同局で再放送されますので、見逃された方はぜひどうぞ。

        

冬の校舎見学会

校舎見学

 12月とは思えない小春日和。校舎見学会に大勢の方がおいでくださいました。特に、今日のようなお天気の日は、光り降り注ぐ校舎のすばらしさを体感していただけたのではないでしょうか。日土小学校卒業生の方、日土小学校の模型を作っているという建築科の大学生の方、小さなお子さんづれのお母さん……。それぞれの思いをもって、熱心に見学されていました。子どもたちの生活の中に自然に溶け込んでいるこの校舎は、学校生活をやさしく、あたたかく支えています。校舎の中で、子どもたちが一番好きな場所は図書室です。風を感じながら、好きな本を読むことができるお気に入りの場所です。光庭や日だまりラウンジも、子どもたちの心を引きつける場所です。校舎は、いつまでも子どもたちの成長を見守り続けることでしょう。

 

 

冬の校舎見学会のお知らせ

校舎見学

 

 12月25日(日)は、校舎一般公開日です。普段、子どもたちの活気でにぎやかな校舎が、冬休みを迎えてホッと一休みしたところです。松村正恒氏が、学び舎のあるべき姿を追い求めて、自由な発想と緻密な構成によって具現化した東校舎、中校舎をじっくりと内側からご鑑賞ください。また、今秋に表彰を受けた「第15回公共建築賞特別賞」の記念プレートが、一昨日、玄関の壁面に取り付けられましたので、ぜひご覧ください。公開時間は午前9時から午後4時まで、入場料は無料、受付は東校舎玄関です。

光と風を感じて

校舎見学

 10時に始まった学習発表会。松村正恒氏が設計した川之内小、旧市立図書館、日土小についてスライドを使って発表してくれたのは、千丈小・江戸岡小・日土小の子どもたちでした。ゆっくりはきはきとした発表のお陰で、市内に残る木造校舎の魅力を比べながら学ぶことができました。川之内小のまっすぐで長い廊下は、子どもたちの大好きな場所だったこと。旧市立図書館は二度も移転され、ガラス張りの内壁が明るい室内を実現していたこと。そして、日土小は、松村建築の集大成と言われる校舎で、子ども思いの松村さんのアイデアが詰まった、光と風を感じる校舎であること。今回、大人たちに子どもが加わり、過去に学び、未来を考える場を共有できたのは、大きな前進だと思いました。学校やふるさとを大切にする仲間の広がりを感じた発表会でした。5年生のみんな、どうもお疲れさまでした。

       

7日は夏の校舎見学日

校舎見学

 明日8月7日は、校舎見学日(9:00~16:00)です。通常は、外観のみの見学となっていますが、明日は日土小校舎がなぜ優れた近代モダニズム建築と評価されるのかをじっくりと内覧できます。また、今回は「えひめいやしの南予博2016」事業として、第3回八幡浜港拓(みなとびらき)が同時開催されます。~未来へ残そう!八幡浜の木造建築!!~というテーマで、市内に残る松村建築を取り上げた発表会とブースに分かれての建物紹介が行われますので、下記の時間帯に、ご来校くださるとよりお得です。また、昼食時には、焼肉、おにぎり、フライドポテトなどが販売されますのでご利用ください。

第1部10:00~11:00 学習発表会(体育館) 第2部11:00~12:00 ブースごとに建物紹介(主として西校舎各教室)

新たな受賞の知らせ

学校からのお知らせ 校舎見学

 日土小学校の校舎が、公共建築協会(東京)が選ぶ第15回公共建築賞優秀賞に選ばれました。今日の新聞によれば、この賞は、設計や施工、地域社会への貢献、視察の管理保全などの観点から優れた公共建築物を顕彰するものだそうです。木造モダニズム建築の代表作である日土小校舎は、住民との協働による保存と再生を調和させた改修工事が評価されたとのこと。(以上、愛媛新聞6/8 7面より)改築か?改修か?で揺れた当時、関わったすべての方々のご苦労により今の日土小校舎があります。大切に使わせていただきます。

校舎見学会にぎわう

校舎見学

 春の見学会は快晴に恵まれ、県内外からの来校者が次々と訪れました。ガイドの説明にうなずきながら校内をめぐる人、時間をかけてじっくりと松村建築を眺め写真に記録する人、ノートに構造をスケッチする人・・・と、それぞれの楽しみ方、学び方がありました。「川面に跳ね返った光が、教室の天井をゆらゆらと照らしているのに、一番感動しました。そんなことまで計算して、校舎を建てた松村さんはやっぱりすごいですね」という声も。今日来ていただいた方は約200名。それぞれの記憶に、建築家松村正恒氏からのメッセージが刻まれたことでしょう。

     

明日は春の校舎見学会

校舎見学

 今日3月26日(土)、えひめいやしの南予博が開幕しました。自然と人情豊かなこの南予のすばらしさをより多くの人々に受け止めていただきたいと思います。(左の写真は、八幡浜みなっとでの開幕セレモニーより)

 さて、明日27日(日)は、日土小木霊の校舎の一般公開日です。松村正恒氏が使う者の身になって設計した教室や廊下、階段をゆっくりと眺め、春暖の光と風を感じてください。公開時間は午前9時~午後4時。駐車場は運動場。受付は東校舎玄関となっています。天気も大丈夫みたいです!八幡浜市内の方も、市外の方もどうぞ日土へおいでください。

大賑わいの校舎見学会

校舎見学

 今日も暑い暑い一日となりましたが、校舎見学会は300名を超す大勢の見学者で一日中賑わいました。特に今回は、子どもガイドを務めた4年生のS君とN君の活躍で、図書室や西校舎の見どころを多くの方に知ってもらいました。川沿いに吹く涼しい風が、大きく開放された窓から心地よく流れ込み、「いいなあ、こんな学校でもう一度勉強したいなあ」とのため息も聞かれました。次の公開日は、12月27日(日)です。

         

明日は校舎見学会です

校舎見学

 夏の校舎見学会が、明日8月9日(日)午前9時~午後4時に行われます。今回は、八幡濱港拓2015(やわたはま みなとびらき 2015)のイベントの一環として、午前10時~12時の間、小学生2名が図書室や西校舎をガイドする企画も予定されています。実際に校舎を使っている子どもたちによるガイドもお楽しみください。

 当イベントは、八幡浜道の駅・港オアシス「みなっと」を発着点とするバス運行(有料)もありますので、ご利用ください。連日の猛暑で、校舎内もかなり暑くなりますので、各自で飲み物等をご用意いただき、健康管理にご留意ください。

■ 港拓2015についての総合案内所「みなと交流館」0894-21-3710

« ÂL VL »